2005年10月08日

露原潜解体、新たに5隻支援…相変わらずサイフ役な日本

本当に日本の外交って経済援助しかないな!犯罪者に脅されて、「お金出さないともっとひどい目に遭わされるから」ってか?この間の北方四島の発言受けてこれですか。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20051008i301.htm
◎露原潜解体、新たに5隻支援…日露首脳会談で合意へ(読売新聞)
(2005年10月8日3時14分)
 政府は7日、ロシア極東地域に放置されている退役原子力潜水艦約40隻のうち、新たに5隻の解体事業を支援する方針を決めた。

 ロシアのプーチン大統領が11月下旬に来日して小泉首相と会談する際、合意文書を取りまとめる。早ければ年内にも解体に着手する見通しだ。

 解体事業費は数十億円を見込んでいる。ロシアの核兵器解体を進めるための国際機関「日露非核化協力委員会」に日本政府が拠出した基金を充てる。

 解体作業はロシアが現地で実施する。軍事機密などの問題があるため、日本の支援事業の対象に原子炉部分を含めるかどうかについては、日露間で調整する。

 ロシアの退役原潜は老朽化が進み、放射能漏れの危険が指摘されている。1993年には、老朽化した原潜の使用済み核燃料が日本海に流出する事故が発覚。海洋環境への悪影響が懸念されている。

 政府は環境保全や非核化促進の観点から、ロシア退役原潜の解体を支援してきた。昨年末に最初の1隻を終え、今回が第2弾の解体作業となる。


posted by ビーてん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

反日拡大 露、戦勝記念日法制化も 「北方領土占領は侵略への罰」

f1-6.jpgロシアもついに特定アジアの仲間入りですか?南京とか細菌戦争とか、まるまる中国の言い分。
 ちょっと前まではまだ、外交の駆け引きって感じだったんですけど。ちょっと違って来ましたかね?やや余裕のなさを感じるのは、わたしの気のせい?
 ま、対日参戦は「卑怯者の火事場泥棒」だったわけだから、それを正当化しようと思ったら、日本を悪者にするしかないよね。
 それとも他の特定アジア3国同様、内政がダメダメ状態で、外に敵を作る以外では国をまとめることができなくなってきた?

 そういえば最近、存在感薄かったかも、ロシア。

 しかし、周辺4カ国を1国で相手する日本。早いとこ憲法改正しないと。
 ・・・・・外務省〜、まちがっても弱腰になるなよー。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050930-00000008-san-int
◎反日拡大 露、戦勝記念日法制化も 「北方領土占領は侵略への罰」(yahoo)
(2005.09.30)
 【モスクワ=内藤泰朗】ロシアのミロノフ上院議長は二十九日、訪問先のサハリン州で、第二次大戦で日本が降伏文書に調印した翌日に当たる九月三日を対日戦勝記念日として法制化する必要があるとの考えを示した。ロシアは戦勝国であり歴史の見直しはしないとの姿勢を打ち出すプーチン政権率いるロシアの指導層は、「侵略国」日本の歴史認識に反感を募らせている。

記事を全文読む
posted by ビーてん at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

【海外】日本の常任理入り支持 米長官、国連総会演説

■アメリカからすれば、むしろ常任理事国から中国・フランス・ロシアあたりを排除したいんじゃないでしょうかね。この辺が、国連を機能不全にしてる感じがするし(私感です)。それらの国に比べれば日本が常任理事国に入るのは遥かに容認できることでしょう。いずれにせよ、あの4カ国+アフリカ2カ国、でしたっけ?あれは無理ですよね。そんなに常任理事国が増えて、しかも拒否権までもった日にゃあ、もっと意見がまとまらず、国連なんて何の意味もなくなりそう。日本は4カ国での提案はやめたほうがいいと思う。今更、裏切れる訳が無いという声も聞きますが、「裏切り」ととられるかどうかはホント外交次第だと思うんですよね。
 そこがヘタだから、今までの日本の(政治の上での)国際的な地位の低さというものがあったわけで。でもまあ、今の外務省に、ウマイ外交を期待する方が無理なのかな。外交の専門家なのに、外交がダメってどうなのよ?って愚痴りたくなりますね、国民としては。

 【ニューヨーク17日共同】国連加盟国の首脳や閣僚らが出席し、国際関係全般や国連の在り方などについて話し合う国連総会一般演説が17日午前(日本時間同日深夜)始まった。ライス米国務長官は安全保障理事会拡大と日本の常任理事国入りへの支持を公式に表明。イランの核問題に「安保理が関与すべきだ」と述べ、安保理付託が必要との考えを強調した。
 アナン国連事務総長も、安保理改革について「特定の集団のためではなく、国連という組織のために解決策を探る努力が必要」と指摘。イランや北朝鮮を念頭に「世界は核の拡散とテロの危険に直面している」と訴えた。
 ライス長官は、国連が創設された60年前と今とでは国際環境が激変したとして、「国連は現在の課題に立ち向かわなければならない」と、国連改革の必要性を繰り返した。
(共同通信社 2005.09.18)

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=YNS&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005091701006659
posted by ビーてん at 10:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 国際ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

選挙大勝で外交有利に

d050916.jpg


 トーゼンといえば当然の話でしょうけど。

 今後、日本政府は圧倒的信任を得た日本国民の代表として、他国と接することが出来る。これは非常に大きいことだと思います。特にアジア外交においては大きいと思う。

 かの「特定アジア」の国は、今まで『政府は非難するが日本国民を敵としているわけではない』といったスタンスだったけれども、結局、日本国民はその政府を信任してしまったわけです、それも圧倒的に。

 ということは今後、日本を非難するということはイコール日本国民を非難するということ。今迄みたいに『政府は非難するが、民間では連携しましょう』なんてわけには行かなくなる。

 もちろんいきなり反日がなくなるわけではないでしょうけども。
 でもですね。トーンダウンはしてると思いますね。それどころか、韓国あたりは、なんだかここ数日で『日本を見習え』的な記事が目立ってきてたりして。・・・さすが事大大国、か?ちょっと前まで親日狩りやってたのにねぇ。

 他のアジア諸国にしても、日本を支持し易くなったと思います。
 アジア各国は中国の脅威に晒されていて、それに対抗できる『強い日本』をずっと望んでいたわけですけど、ここ数年?は日本を諦めて中国の軍門に下りかけてるという状況。

 そんな中、日本はというと。最近になって少し中国とケンカし始めたものの、自民党の中に多数の親中派がいて、自民党の対抗馬の民主党も親中。つまり、ちょっと政局が変わったら即親中(媚中?)国家に逆戻りする日本。

 そう考えたらアジア各国は怖くて明確な日本支持はできないですよね。日本を支持したのに、肝心の日本が中国とくっついちゃってはしご外されて、中国と日本の両方に睨まれちゃうわけですよ?それじゃあどう考えたって、反日やってた方が安全ですよね?

 ですが、ここへきて今回のこの選挙結果。親中民主党は壊滅的大敗。小泉首相に敵対する勢力は首相自ら粛清。さらに次の首相候補も自ら育成、と。これはもう外国からすれば、すごくわかりやすい。要は小泉首相だけ見てればいいわけです。

 靖国やらガス田やら常任理事国やら台湾問題やら。どれも簡単に譲歩したら国民の支持を失いかねない。ということは日中の対立は続くし、民主の大敗で政権交代なんてこともない。

 なにより今回の選挙で日本国民が中国との対決姿勢を見せたことは(日本人自身がそれを自覚しているかどうかは置いといて)、(「特定」以外の)アジアにとっては安心材料になったと思いますし、日本を支持し易くなったと思います。

 そして。今まで日本は、外国からすると理解不能な『反日国家にやさしくて親日国家に冷酷』な外交でした。ゆえに、反日国家が増えていったわけですが。

 今回の小泉首相は『敵は身内でも容赦しない』という徹底的な敵に対する締め付けを行いました。これも日本国内では「やりすぎ」の批判が出たりもしてますが、外国からみるとたぶん非常にわかり易い。そして当然のことに映る。
 このことは、反日国家への牽制になるかもしれません。『敵対するならこれからは容赦しない』というメッセージ。


 実際、選挙後、北朝鮮は2国間協議に応じ、拉致問題に関して今までのように「解決済み」ではなく「本国においてしかるべき検討が行われている」と回答しています。中国は中国で北朝鮮に対して「過大な要求をすればまとまらない」と警告しています。アメリカは、6カ国協議の早期打ち切り、さらには北朝鮮の資産凍結を示唆しました。

 なんだかこう着していた物事が、一気に動き始めた気がしますね。

posted by ビーてん at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

国民は「強い日本を選択」と米国

今回の選挙。他の国からはどう見えたのでしょう?

アメリカの場合は、こんな感じ。

国民は「強い日本を選択」 米国、日本の行方高い関心

 【ワシントン12日共同】小泉純一郎首相率いる自民党の大勝に終わった総選挙結果を、米メディアは12日、ウォールストリート・ジャーナル紙が1面トップで「有権者は人口減を見越して小さい政府を求めた」と伝えるなど、日本の行方に大きな関心を持って報じた。
 国際面トップで報じたワシントン・ポスト紙は郵政改革に加えて、日本国民は「米国とのより緊密な同盟による強い日本を目指す首相の大胆な行動を好感した」と分析し、日米関係が一層良好となる一方で中国との緊張が増すと予測した。
 また小泉首相は憲法改正の動きも継続させるだろうと指摘した。

(共同通信) - 9月13日10時57分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050913-00000069-kyodo-int

(※保存PDF−>050915-1.pdf


また、これより2ヶ月ほど前。2005/07/10、産経には次のような記事が載っていました。


日本は憲法改正し軍事面で「普通の国」に 米誌、論文を掲載

中国の覇権志向、抑止

 【ワシントン=古森義久】米国保守主流派を代表し、ブッシュ政権にも近い政治雑誌が、日本を米国の真に信頼できる同盟国とするためにはブッシュ政権は日本が憲法を改正し、消極的平和主義を捨てて、軍事面で「普通の国」となるよう要請すべきだとする巻頭論文を掲載した。同論文は日本が軍事的により積極的となれば、中国の覇権への野望を抑え、東アジアの安定に寄与するとし、日本の核武装にも米国は反対すべきではないと述べる一方、中国には日本の首相の靖国神社参拝に反対する資格はないとも言明している。

 保守系の大手雑誌「ナショナル・レビュー」最新の七月四日号は同誌編集主幹リッチ・ロウリー氏による「日本の縛を解け」と題する巻頭論文を掲載した。
 同論文は「新しく自信に満ち、物事に関与する日本は米国と世界に有益」とか「米国は日本が消極的平和主義を捨て、中国への平衡力となることが必要」という副題をつけている。

 同論文は日本が戦後、米国の押しつけによる憲法第九条で消極的平和主義を国策としてきたが、その種の平和主義は「もう無意味な時代錯誤となった」と述べ、日本がもはや憲法改正で軍事面での「普通の国」となり、地域的な軍事役割を果たすことが日米同盟の自然な発展だと主張している。

 同論文は日本が戦後の憲法で普通の軍隊の保持や集団的自衛権の行使を禁じたために、自国領土の受動的な防衛以外には軍事活動はなにもできず、自国民の海外での保護も同盟国の防衛も支援できず、憲法九条が完全な日米同盟の障害になっている、と指摘した。だが、この消極的平和主義は日本国内での若手政治家の台頭や北朝鮮のミサイル発射と日本人拉致の自認、さらには中国の軍拡と横暴な対日態度、米国ブッシュ政権の誘導などにより崩壊が加速された、と述べている。

 同論文は米国政府への政策提言だとしながらもブッシュ政権高官の意向を根拠として(1)日本が軍事面で普通の国になると、侵略性を発揮するというのは現実的ではなく、日米両国は価値観を共有し、米国の貴重なパートナーとなる(2)米国は東アジアでの同盟国としてフィリピンを失い、韓国も失いつつあるため、日本との同盟関係を強固にすることが必要となった(3)軍事的に強力な日本は将来、北朝鮮の軍事施設への照準爆撃を可能とし、中国の覇権志向の野望を抑えるのに適切な抑止要素となるべきだ(4)日本は最近の米国との「共通戦略目標」で台湾の安全保障への関与をうたったが、日本が台湾の防衛にかかわれば、中国の台湾攻撃がより難しくなる−などと主張している。

 同論文はとくに中国について、日本を弱体のままに保ち、威嚇を続けて、中国内の抑圧の代替としていると述べる一方、日本たたきは中国共産党による永遠の統治の正当性誇示のためだとしている。同論文は日本の首相の靖国参拝については「世界史でも最大の大量殺害者の毛沢東を祭る以上(毛沢東記念堂)、日本に対し大声で抗議するのは過剰にすぎる」として、中国には靖国を糾弾する資格がないという立場を明らかにした。

 日本の将来について同論文は日本が対米同盟の枠内にとどまる限り、軍事行動をインド洋やアフガニスタンにまで広げることも問題はないとしている。日本の軍事能力の増強について同論文は「もし北朝鮮が核兵器保有を確実にした場合、中国、ロシア、パキスタンも核保有なのだから、そこで日本が加わっても問題はないはずだ」として、米国が将来、日本の核武装にも反対すべきではないとの立場を明確にした。


http://www.sankei.co.jp/news/morning/10int002.htm

(※上記記事はすでにWeb上から削除されています。保存PDF−>050915-2.pdf


 アメリカは、パートナーとしての強い日本を望み、そして今回の選挙結果にその実現の可能性を見た。

 このアメリカが言う『普通の国』になるためには、決定権が「保守である自民党」になければまず無理なわけですよね。そうでなければ、反対派が議論を引き伸ばし、法案を骨抜きにしてしまいます。それは今までの国会でさんざん見られた光景です。

 だからこそ、党内をまとめる(党内の反対派をねじ伏せる)リーダーシップと、議会で可決するための自民だけでの安定多数、これが不可欠でした。

 そして残念ながら2ヶ月前に、これは望むべくもありませんでした。連立与党でキャスティングボードは共産党に握られていたし、国政選挙はまだまだ先で、この政治状況を変えようもない。「議論」で時間がどんどん過ぎ去っていきます。

 そして国民はといえば、ネット上では政治に危機感を持っている人が多数いましたが、現実の東京都議選では、投票率は低く、公明党は全員当選。おまけに、民主が議席を増やして自民が減らしてしまいました。政治状況は好転どころか、より悪くなった印象でした。


d050915.jpg


 ところが、それから2ヵ月後の今回の衆院選挙。

 このタイミングで選挙が実現したことが奇跡ならば、自民の大勝利も奇跡。

 できすぎといってもいいくらいです。
 もしかしたら終戦記念日直後というのが、功を奏したのかもしれませんね。この時期、中朝韓からの内政干渉が増し、国民の中で「日本」という国が強く意識されたのかもしれません。8/15の靖国参拝は空前の人出。20万人を超え、若い人も多かったそうです。


 さて。3年後の2008年。それはアメリカが共和党政権(親日反中国)から、ヒラリー・クリントン民主党政権(反日親中国)に変わる可能性の高い年なのです。

 それまでに、日本はある程度の軍事的独立性を確保していなければ、中国とアメリカに囲い込まれ潰されてしまうかもしれません。

 過去で言えば太平洋戦争、そしてその後の占領統治時代は、アメリカの政権は民主党政権でした。また、近年のクリントン政権時代の反日政策。

 民主党政権は、日本にとっては危険なのです。

 去年、ブッシュ大統領が破れて今頃民主党政権になっていたら、今現在の日本の状況は全然違っていたでしょう。今が日本が変われる最高のチャンス、そしてもしかしたら最後のチャンス。

 これを逃したら、次のチャンスは50年後?いやそれどころか、このチャンスを逃したが最期、日本はチベットのように中国の一部となって、20年後には民族浄化されて人口が激減しているかもしれません。

 日本は、自分で自分を守れるようにならないと。
 なにより自分を守れないものが他人を守れるはずもありません。


 桐蔭横浜大学教授 ペマ・ギャルポ氏は8月の講演でこう言っています。

 この前、小泉首相の靖国参拝に対して、国会議長はじめ要職にいた方々が話していたのを見ていて、日本が憲法改正して軍隊を持ってももう遅すぎる、と思わされた。これはかつてのチベットと同じだ。
(「台湾の声」【講演録】「チベットから見た中国問題」05/08/22)


http://www.emaga.com/bn/?2005080081908580007813.3407


 8月の時点で、ペマ・ギャルポ氏の目に映った日本はかつてのチベットのようでした。

 しかし今回の選挙の結果、小泉首相に反対派は逆らえなくなりつつあります。
 強権、独裁という批判もありますが、今はそれが必要な時のようにわたしには思えます。


 はたして3年後、その時日本はどうなっているでしょうか。


posted by ビーてん at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。