2005年10月23日

北朝鮮、米に核でインドと同様の扱い要求

北朝鮮を褒めたくはないけど、交渉術という点では日本の外交はまるっきり及ばないですね。。というか日本外交って世界的に見ても最低レベルなんじゃなかろうか。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20051022id21.htm
 北朝鮮、米に核でインドと同様の扱い要求

 【ソウル=中村勇一郎】朝鮮中央通信によると、22日付の北朝鮮の内閣機関紙「民主朝鮮」は論評で、「米国は核拡散防止条約(NPT)に加入せず核兵器を保有している国々に適用している待遇と措置を我々にも適用すべきだ」と要求した。

 米国がNPTに未加入の核保有国であるインドと原子力の平和利用に関する協力を進めていることを受けたものとみられる。

 論評はまた、「核問題に対する米国の二重基準政策は朝鮮半島の核問題解決を妨げる最大の障害だ」と批判した。

(2005年10月22日20時20分 読売新聞)

 普通に考えて、交渉は最後は両者互いに譲歩して、そこそこの利益を互いに得るというもの。だから北朝鮮はムチャクチャな要求をするし、そこから少し譲歩したって結局は利益。また中国などは、実質何にもしてないのに、跳ねっ返りの北朝鮮を抑えているという役回りで存在感をアピールする。

 ひるがえって、日本はというと。そもそも譲歩などできっこない拉致問題。既に韓国に支払済みのはずの経済協力の話。・・・それくらいか?テーブルにそれしか乗せてないとすれば、最終的にはそれらを譲歩するしかなくなる。拉致問題は日本人の命の問題なので、それを譲歩したら国際的に軽蔑されるだろう。経済協力で譲歩したら、結局拉致問題をお金で解決したと言われ、脅せば金を出す国と思われる。どうころんだって良い事はない。

 といって一切譲歩しないという事では交渉はまとまらない。アメリカも日本がいい子すぎて、中国のような意味での存在感が出せない。日本が多少ムチャクチャをしてくれれば、アメリカがそれを抑え、日本がアメリカの顔を立てて少し譲歩、多少緊張が和らいで、といった流れでアメリカに外交上の得点を稼がせることもできると思うのだけど。

 だから本当なら、日本は経済制裁とか、国内の総連を潰すとか、どんどん圧力をかけて、それを交渉・譲歩の材料にすべきだと思うのですよねぇ。
 アメリカに外交の点数を稼がせる必要なんかない、という人もいるかもしれないけど、ブッシュ大統領の支持率が下がって来てるみたいだし。ある意味日米開戦前に似て来てる気はするのですよ。国内のナショナリズムは高まってきてるし、共産党の工作でアメリカ世論が親中、反日で揺れ動いたり、これでアメリカが共和党から民主党に変わったら、なんだか状況的には当時の再現になりそう。民主党ならハルノートに相当するものを押し付けてきそうだし。


 日本はそうならないように、もっと先手先手で攻めの外交をきちんとやらないと。そうして少しだけ譲歩するんですよ。


 今のままだと、北朝鮮の核放棄の条件として、日本の核永久放棄を挙げてきそうだという話もあります。つまり日本が核武装したら、北朝鮮もする。国際平和を乱すのは日本だ、という図式。でも、日本がその場しのぎでその条件を受け入れたら、いずれ日本は国際社会で発言権を失って行くと思います。といって、受け入れないと、それはそれで核武装の意思あり、と非難のネタを献上することになる。つまりそんな条件を出させないように先手を打たないといけない。

 将来、核を持つとか持たないとか以前に、将来の政治、将来の日本の足かせになるような約束をこれ以上してはいけないです。現在の我々が、土下座外交のツケでどれだけ苦しんでいるか、政治家がその場の成り行きで発した談話に、どれだけ現在の政治が縛られているか。そしてそのためにどれだけの税金が無駄に使われているか。


 日本の外交は、何かと言うと、ボールは向こうにある、といってひたすら待ちの姿勢になる。能動的に動こうとしない。そこが日本が外交でイニシアティブを取れない理由じゃなかろうか。先手必勝ですよ、日本。


banner_04.gifいつも読んで下さってありがとう。
posted by ビーてん at 13:22| Comment(1) | TrackBack(1) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのとうりですね 一般人が積極的に行動するべきと思います

共に頑張りましょうね!不買運動・断交を呼びかけ 国内に潜伏!完全に日本人に成りすますテロリスト! コワ〜 テロリスト教団に買収されたマスコミを盲信してはいけません
チラシを制作して配る仕事をしています 収入があります まず、10人に配ります そして10人にチラシをコピーさせて それぞれ10人に配ってもらいます これで100人 そして100人がそれぞれ10人に配ってもらいます これで1000人 どんどん繰り返していきます
チラシは  「参考サイト「ビラのHP」「韓国製品不買運動」「パクリ大国南朝鮮」「人権擁護法案反対同盟」「オウム事件の本番」「新興宗教を考察する」「もう黙ってはいられない」「韓国はなぜ反日か?」「韓国をぬるっとWatch」 ※デモの参加を呼びかけるなどの内容収入は広告料その他  受け取った方はコピーして10人に配ってください」※友人に手渡し、近所のポスト入れ、親類に郵送など
Posted by 合言葉  犯流ストップ! テロリストの資金源を断て!(祝)2万世帯突破に協力を! at 2005年10月27日 05:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8493005

この記事へのトラックバック

北朝鮮発言で学ぶ英語、そして交渉術?
Excerpt: マスコミを通じた北朝鮮に関する報道、あるいは挑発的とも言える彼ら高官の発言などが報じられるたびに思います。北朝鮮は情報を伝えるのがうまい。卑近な言い方ですが、まさしくエンターテイメントの感すらあります..
Weblog: Spotlight 英語で歩く、噂の現場-choibiki's BLOG-ホンモノで学ぶ、英語を学ぶきっかけ探し
Tracked: 2005-11-08 22:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。