2005年10月22日

教育勅語

教育勅語(教育に関する勅語)は、内容的には良い事を言ってると思います。後に、戦争に利用されたり、天皇の言葉として神聖化されたことは不幸なことかもしれないけど、だからといって内容そのものが軍国主義という訳ではないし。「教育勅語」の精神は今の日本には必要だと思います。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-10-20/2005102002_04_1.html
◎文科相 “教育勅語廃止で片肺飛行”(赤旗)
 (2005.10.20)
文科相 “教育勅語廃止で片肺飛行”

民主議員 “教基法改正議論を国会で”
------------------------------------------------------------------------

 中山成彬文科相は十九日の衆院文部科学委員会で、「教育勅語を読むと、本当にいいことが書いてあるなあと私自身は思っている」と発言。戦時中、軍国主義教育の支柱となった教育勅語を美化し、それへの反省から出発した戦後の民主主義教育のあり方を真っ向から否定する姿勢を示しました。

 民主党の平野博文議員が「教育基本法のどこが問題だと思うか」と質問したのに答えたもの。

 中山文科相は「いまの教育基本法は、どこの国にでも通用するもので、日本的なものが欠けている」と答弁。「教育基本法が制定されたときには教育勅語があり、この二つが『車の両輪』となって日本の教育をやっていこうということだったが、GHQの指令により廃止され、ある意味で『片肺飛行』で戦後日本の教育はやってきた」と述べ、教育勅語の廃止は誤りだったとの認識を示しました。

 その結果、「心の問題や道徳、公の心など、どういう日本人を育てるかという観点が抜けた教育が、戦後ずっと行われてきた」と持論を展開。教育勅語美化発言につながったものです。

 この答弁に平野議員は「教育基本法は制定から五十八年たっており、絶対に変えちゃいかんという理屈に立つべきではない。オープンに議論しようという大臣の考えに賛成だ」と応じました。

 そのうえで「民主党を代表してお願いしたい」と前置きし、今国会で、文科委員会の中に教育基本法に関して専門的に議論する小委員会を設置することを要求。理事会での協議を求めました。


中山文相、いいですねぇ。平野議員も民主にしては(この記事だけ読んでる分には)真っ当な受け答えだ。ああ、平野議員は自民出身なんですね、なるほど(参照:Wikipedia「民主党の派閥」)。

 でもまあ、民主党は前原氏になってから、随分真っ当になったような気がする。これで中朝韓寄りじゃなくなって、国連信奉でもなくなって、地球市民やら多民族共生なんて(民族対立をむしろ煽る)考えを捨てて、アジア共同体とかいう中国への主権委譲推進も止めれば、結構支持できる政党になるかも。
 ・・・んー、中に社会党が存在する限りは無理かなぁ。

http://www.meijijingu.or.jp/japanese/gosai/educate/index.html
◎「明治神宮-教育勅語-」より一部抜粋
国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。

 軍国主義云々は「非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。」という部分を指しているのだろうけど、ただ、普通に考えれば、これだって当たり前のことを言ってるにすぎない。過日、新聞社(だったか?)のアンケートで、「日本が侵略されたら?」の問いに「逃げる」という回答が多かったようだけど、まあ、設問がちょっと具体性に欠ける気もするけど、それは置いといて。
 「逃げて」どうするというのでしょう?それで日本がなくなったら?外国で難民として生きていくということなのかもしれないけど、外国で国の後ろ盾がないということは、結構悲惨な事だと思うんですよねぇ。そりゃ、今も日本の在外大使館は、日本人のために何もしない、という批判はあったりするけど。それでも日本人の後ろに日本という国があるのとないのでは、やっぱりまるで違うでしょう?

 あと、この辺(戦前・戦中)の話になると、神道がなんとなく絡んできたりもするかもしれませんが(意図的に?)、宗教といっても、神道はもともとが日本の土着の信仰。日本人の自然観とか人生観とか、そんなものから自然発生的に生まれ発展してきたものですから、それをあえて切り離そうとするのは、結局日本人というもの自体の解体につながると思いますね。まあ、反日の人にとってはそれが狙いかもしれませんが。神道は案外意識せずとも、日本人の日常生活にとけ込んでたりすると思いますし。

 で。話戻って、教育ですが。やはり教育は国の根幹。早くまっとうな教育に戻って欲しい。エセ人権教育とか、ジェンダーフリー教育とか、左巻き(日教組)教師が多くて歴史で近現代史を学校で教えれない状況とか。そんなのが早く解決されて欲しいと願っています。


banner_04.gifいつも読んで下さってありがとう。
posted by ビーてん at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。