2005年10月20日

廃止求め署名活動へ:鳥取県人権救済条例(読売新聞)

今度の土日に、鳥取でビラ配りをやるようですね。署名活動自体はまだ、ですよね?きっと。署名運動前の周知活動ということかな。自分はこうやって、blogで取り上げることぐらいしかできないけど頑張って下さいー。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news002.htm
◎廃止求め署名活動へ(読売新聞)
 (2005.10.20)
 全国に先駆けて制定された県人権救済条例をめぐり、兵庫県宝塚市の針きゅう師中西喜平太さん(37)が、条例廃止を求める署名活動を始めることが、19日分かった。インターネットの掲示板で議論を重ねるうち「発言の自由を奪いかねない条例」と感じたといい、共感した鳥取市内の若者と2人で22、23の両日、JR鳥取駅前に立つ。ネットも通じ、全国から署名を集める予定だが、県は「差別を受けた人を助けるのが真意なのに」と困惑している。

 今年3月、国の人権擁護法案への反対運動に応援の手紙を送ったこともある中西さんは、条例制定のニュースに「法案よりひどい内容」と心配。ネット掲示板に参加して意見交換するうち、反対の声の多さから、署名活動を決意した。

 当日は、「当局側のさじ加減で人権侵害とされる危険があり、自由に発言できなくなる」などと書いたビラ1000部を配り、署名を呼び掛ける。ネットでも訴え、全国から署名を募ることにしている。

 中西さんは「県外で受けた人権侵害まで対象に含むなど、驚く内容。このままでは鳥取の人とまともに付き合えない」と指摘する。

 一緒に活動する鳥取市内の会社員(26)も「人権という普遍的な概念を県独自の条例で縛るべきでない」と訴える。

 磯田教子・県人権局長は「条例は、取り締まりが目的ではない。制定の真意を理解してほしい」と話している。
(2005年10月20日 読売新聞)

ビラ配り、署名活動の情報は以下をご参照。

◎鳥取県人権侵害救済条例反対!@青ブログ
http://blog.livedoor.jp/lovetottorian/
◎【署名】鳥取県人権条例廃止請求署名OFF part4
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1129498745/

banner_04.gifいつも読んで下さってありがとう。
posted by ビーてん at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。