2005年10月09日

シュワ知事の拒否で、加州の「反日教科書」法成立せず

シュワちゃん、GJ!アメリカの反日拠点カリフォルニアで、正論を通すシュワ知事。とはいえ、民主党政権下だったら署名してたかもね。クリントン時代は、在米企業なんか信じられないくらい酷い目に合ったから。それこそ中国並みの人治国家だった。いずれにせよ、こういう世界的反日活動は当然裏に中国共産党があるわけで、いかにその活動資金を絶つかという事だと思うんだけど。国やら企業やらが中国へ金を出して、回り廻って自分の首を絞めているという構図はどうにかならないものでしょうか。

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/inte_news7.html?now=20051009165047
◎シュワ知事の拒否で、加州の「反日教科書」法成立せず(テレビ朝日)
(2005年10月8日)
 いわゆる「南京大虐殺」など、旧日本軍の残虐行為をカリフォルニア州の教科書に書き込むことを目的とした法案に、シュワルツェネッガー知事が署名を拒否しました。
 この法案は、州の中学高校で使用される教科書について、第二次大戦中にアジアで起きた出来事に、もっと分量を割くことを求めるもので、先月、州議会を賛成多数で通過していました。提案者の議員は教えるべき具体例として、いわゆる「南京大虐殺」を挙げていました。法案を後押ししたのは、日本の常任理事国入り反対の署名活動を展開した在米の中国人団体らで、「南京大虐殺」などの旧日本軍の残虐行為をアメリカで歴史的事実として定着させることが、推進派の最大の目的でした。しかし、拒否権を持つシュワルツェネッガー知事は7日、「アジア諸国の役割について学習することは、すでに認められている」として署名を拒否し、法案は成立しませんでした。
posted by ビーてん at 20:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

打破された限界
Excerpt: 現在10月10日15時16分。 浜松へ向かう途中であります。 雨が降って来ましたよ。 傘、持って来れば良かったな。 松ё田、今朝はゴメンよ。 寝惚けてました…。 バンドやら勉強やら仕事..
Weblog: 廿世紀之怪物悦楽主義
Tracked: 2005-10-10 20:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。