2005年09月28日

国連、北に横田さん「死亡」根拠要求

f1-4.jpgこれはタイgood Jobですね。さすがタイ。同じ日本に調査に来た報告者でも、セネガルのディエン某とは違うなあ(※ディエンは日本を差別国と言った(左翼の言い分そのままに))。北に対しては、何はともあれプレッシャーを掛けないと。
それにしても、北朝鮮が「子どもの権利条約」などの人権条約に加盟しているって、ほとんどジョークだな。
・・・いや。現実は全然ジョークじゃないんだけどさ。

http://www.sankei.co.jp/news/050928/kok019.htm
◎国連、北に横田さん「死亡」根拠要求 総会で審議へ(産経web)

(2005.09.28)
 国連は27日、北朝鮮の人権状況に関する最新の報告書を発表し、北朝鮮側が生存している拉致被害者の帰国を求める日本の主張に迅速に回答するとともに、「死亡」としている横田めぐみさんら安否不明者について「信頼できる客観的根拠」を示すよう勧告した。報告書は、開会中の第60回国連総会に提出されており、10月3日から始まる総会第三委員会(人権)で初めて本格的に審議される。

 報告書は、国連人権委員会のビチット・マンターポーン特別報告者(タイ)がまとめたもので、人権をめぐる北朝鮮の姿勢は「言語道断」と非難。第三委員会の審議で、北朝鮮非難決議案の策定要求など同国に対する批判が高まれば北朝鮮側が反発するのは必至で、国連との関係悪化が懸念される。



 報告書は北朝鮮の人権状況について(1)大幅な食料不足や子供の栄養不良率の高さ(2)政治・思想犯やその家族に対する迫害(3)犯罪者収容施設などでの女性への暴行(4)厳しい移動の自由の制限―などが認められると批判。状況改善のため、北朝鮮が加盟する4つの人権条約順守など15項目を勧告した。

 その上で、マンターポーン氏が今年2月から3月に日本を訪れた際の調査を踏まえ、横田さんの「遺骨」として北朝鮮側から提供された骨がDNA鑑定で別人のものと判明した問題などを念頭に、安否不明者に関する「あいまいさや矛盾点」を明確に説明するよう北朝鮮側に要求した。

 同氏は昨年7月に初代北朝鮮問題担当特別報告者に就任し、今回が2回目の報告。北朝鮮が調査協力を拒否しているため、北朝鮮との関係が深い国の政府や非政府組織(NGO)の情報などに基づいてまとめた。

 ■北朝鮮の人権状況と国連 北朝鮮は「子どもの権利条約」など4つの人権条約に加盟しているが、履行上の問題点が指摘されており、国連人権委員会(ジュネーブ)は2004年、タイ・チュラロンコン大のビチット・マンターポーン教授(国際法)を初代の北朝鮮問題担当特別報告者に任命することを決議。マンターポーン氏は同年の国連総会で最初の口頭報告を行った。05年に入って最初の報告書をまとめ、訪日調査などを踏まえて今回、日本人拉致問題などに関する勧告を盛り込んだ2回目の報告書をまとめた。国連人権委は03年以降、3年連続で北朝鮮非難決議を採択している。(共同)



 国連が27日発表した北朝鮮の人権状況に関する報告書の要旨は次の通り。

 一、生存している拉致被害者の帰国を求める日本の主張に効果的かつ迅速に回答するよう要求。

 一、北朝鮮が拉致し、同国が「死亡」したと主張する(横田めぐみさんら)日本人の安否不明者に関し、信頼できる客観的根拠を示すよう勧告。

 一、迅速かつ効果的なプロセスを通じ、外国人拉致などの罪の償いを行うよう勧告。

 一、建設的な進展も一部に見られるが(日本人安否不明者などに関する主張には)あいまいさや矛盾点がある。それらの幾つかは言語道断と呼べるたぐいのものだ。

 一、北朝鮮国内の食料は大幅に不足し子供の栄養不良率は依然高い。政治・思想犯として処罰されると「連座の罪」で家族も迫害される。犯罪者収容施設や家庭では女性への暴行が見られ、移動の自由は厳しく制限されている。

 一、北朝鮮は「子どもの権利条約」など4つの人権条約に加盟、これらの取り決めに沿ってさまざまな報告書を提出するなど国連機関との協力を行い、近年は法改正にも取り組んでいる。

≪人権で対立深まる 北朝鮮と国際社会≫

 国連が27日、北朝鮮の人権をめぐる姿勢について「言語道断」と非難するマンターポーン国連人権委員会特別報告者の最新報告を発表したことで、人権をめぐる北朝鮮と国際社会の対立がさらに深まる見込みとなった。

 国連緊急援助調整官室(OCHA)のエグランド室長によると、北朝鮮は今月上旬、農業生産が向上、食糧事情が改善されたなどとして、国連や外国の非政府組織(NGO)による「人道支援事業」を年内で打ち切るよう通告してきた。

 しかし、北朝鮮の崔守憲(チェ・スホン)外務次官によると、打ち切りを求める大きな理由は人権問題。次官はブッシュ米政権が人権状況の改善を食糧支援の条件とすることもあり得ると示唆している点を念頭に「米国は人道支援を政治的に利用しようとしている」と非難した。

 次官は、国連加盟国が先に「人権理事会」を新設する方向で合意したことについても、人権保護という名目で他国に干渉しようとする一握りの国の行動を正当化することになるなら「今後の議論は全く意味がない」と批判。人権をめぐる隔たりの大きさを浮き彫りにした。(共同)



 27日発表された北朝鮮の人権状況に関する国連報告書は、北朝鮮からの脱出住民(脱北者)をめぐり「保護を求めている人々を危険地域に送り返してはならない」と述べ、脱北者を強制送還しているとされる中国を間接的に批判した。

 報告書は脱出の主な理由について、政治的迫害や食料不足から逃れるためだとした上で、強制送還しないことが難民保護の基本原則と強調。脱出先となっている一部の国が「こうした原則を順守していない」と指摘した。

 中国政府は「脱北住民は不法入国者であり、難民ではない」としており、双方の主張は平行線をたどっている。(共同)

(09/28 10:10)


posted by ビーてん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7449060

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。