2006年08月03日

韓国SEX教団教祖、レイプやり放題

ほんとに、朝鮮系の宗教ってレイプと金のための手段って感じだよね。だいたい教祖が「自分が神だ」って言うんだから、ある意味分かり易いと思うんだが、なぜか騙される日本人が後を絶たないなあ。

http://www.zakzak.co.jp/top/2006_07/t2006072902.html
韓国SEX教団教祖、中国に潜伏…レイプやり放題
 日本でも密かに勢力を拡大していた韓国のSEX教団「摂理」代表の鄭明析(チョン・ミョンソク)容疑者(61)が、今春まで中国に潜伏、そこでもレイプを繰り返していたことが29日までに分かった。

 鄭容疑者を「キリストの再来」と信じ込ませ、日本でもすでに約2000人の信者がいるとみられる同教団。鄭容疑者は信者をはべらせては性的暴行を行い、被害者は日本人女性だけでも100人にのぼるといわれる。

 鄭容疑者は韓国警察に婦女暴行容疑で指名手配される以前に国外へ逃亡。脱会した信者によると、鄭容疑者は今春まで中国東北部の鞍山(アンシャン)郊外に潜伏していたという。

 鞍山でも連日のように女性信者をレイプ。特に日本人が大好きで、名簿を用意させて特定の女性を呼びつけて乱暴していたという。現在はアジトを引き払っているが、中国に潜伏しているとみられている。

ZAKZAK 2006/07/29


http://www.sankei.co.jp/news/060729/sha084.htm
韓国の新興宗教「摂理」教祖が性的暴行の疑い 被害者が告訴準備

 韓国の新興宗教「摂理」の鄭明析教祖(61)が日本人女性の信者に性的暴行を繰り返していた疑いのあることを、被害者の代理人弁護士が29日、明らかにした。被害者は10人を超すとみられ、脱退後も精神的苦痛を受けている。弁護士は、準強姦罪などで鄭教祖を告訴、入管法違反罪で日本の最高幹部の韓国人女性を告発する準備を進めている。
 代理人の渡辺博弁護士によると、摂理は昭和60年ごろから日本で布教を開始。スポーツや芸能サークルを通じて勧誘する手法で、関東周辺の大学生男女を中心に信者を増やし、関西から全国へと活動を広げた。現在は2000人以上の信者がいるとみられる。

 こうして獲得した信者の中から教団幹部が鄭教祖好みの女性を選び、「女性病を診てもらいなさい」などと言って、国内外で鄭教祖と面会させた。女性はマインドコントロールされた状態のため、言われるがままに性的暴行を受けたという。

 首都圏のマンションで共同生活をしていた30代男性の元信者によると、信者たちは毎朝、教会で鄭教祖の映像を見てから勧誘活動を行い、深夜まで作業するため睡眠時間は4、5時間しかなかった。教団内で男女の交際は禁止されているが、合同結婚式が毎年行われる。

 元信者は「鄭教祖は神と教えられ、脱退すると地獄に落ちると脅された」と証言する。

 社会人信者は収入の1割を寄付する決まりで、中には1000万円を寄付した信者や、店頭公開企業を経営する信者もいた。著名な女性漫画家や元Jリーガーもおり、勧誘に利用されるスポーツ・芸能イベントで"広告塔"の役割を果たしているという。

 渡辺弁護士は、不正に就労ビザを取得した疑いがあるとして、入管法違反罪で日本の最高幹部の韓国人女性を告発する方針。性的暴行については「被害者が精神的に落ち着くのを待って告訴したい」としている。


 ■摂理 キリスト教の聖書を独自に解釈し、鄭明析教祖が昭和55年ごろ韓国で設立。「モーニングスター」(MS)ともいう。韓国の信者数は4万人とされ、台湾、香港、欧米などにも拠点がある。鄭教祖は女性信者への性的暴行が問題化し、平成11年に国外へ逃亡。韓国での強姦容疑などで13年に国際手配された。現在、中国に潜伏中とみられる。

(07/29 21:12)
posted by ビーてん at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。