2006年08月03日

積水ハウスと人権研修-ついでにNHKと産経の報道

積水ハウスは1980年に同和の糾弾会を経験した会社。全社で「人権問題」に取り組んでるらしい。

http://blhrri.org/info/koza/koza_0102.htm
(一部抜粋)
「これからの企業経営と人権」
奥井功(関西経営者協会会長・積水ハウス株式会社代表取締役会長)

積水ハウスにおける人権問題への取り組み


取り組みの契機


 当社の人権問題の取り組みについて、ご報告したいと思います。当社の人権問題の取り組みは1980年、差別図書である部落地名総鑑を当社が買っていたことが発覚しまして、大阪を初め各地で行政指導、及び人権団体から厳しい確認・糾弾を受たことが契機になっています。糾弾会ではたくさんの教えを受け、私の前の社長ですが、当時の社長は「これは購入者個人の問題ではなく、その個人を取り巻いている社会意識、つまり当社の体質の問題であると共に、同和問題に対する正しい理解と認識を教えていなかった私自身、社長自身の問題である」と言明しました。この糾弾会は、我が社にとって、心の変革を促してくれる教育の場であったわけです。


この時に、当社は3つの約束を交わしました。1つ目は、社員の差別意識を無くすために社長をトップとした推進組織を作り、人権啓発の継続的な取り組みを行う。2つ目は、公正な採用選考と同和地区住民の積極的雇用を行う。3つ目は、同和問題を初めとしたあらゆる差別の解決に向けて、企業として行動していく。この3つを約束しました。差別の厳しさ、本質に迫る糾弾学習会は、今まで人権問題に全く関心を持つことなく、眠っていた我々積水ハウスの社員達が、まさに耳元で目覚まし時計の鳴り響く音でようやく目が覚めた、こういう実感を持つものでした。


 1981年から本格的な社内啓発がスタートしました。まず、推進するための社内組織を社長を委員長として、人権研修の目的・方向を定めた実施要項を策定し、全社に周知徹底を図るために全国の事業所に赴き、説明と趣旨徹底を図りました。そして人権研修を会社の重要な研修として位置づけました


ちょっと京都市の現状と積水ハウスの未来が重なって見えなくもない。。

NHK(動画)
http://f.flvmaker.com/mc.php?id=Z_xcPpX4__GKUTAF6Eq.PMqehLcwBpX9jEYGJBYePNKtcf/CMgTEYt_6tqRiiHDPOebPVAbakKhY41LXckK

産経
http://www.sankei.co.jp/news/060801/morning/column.htm
 「お客さまは神様です」といえば、三波春夫さんの名文句である。昭和36年、巡業公演の最中に、司会者との何げないやりとりのなかで生まれ、やがて流行語になった。
 ▼「客にへつらうようでいやらしい」と批判の声もあったが、三波さんにはそんな気持ちは微塵(みじん)もなかったようだ。ある公演で、紙テープを大きなかたまりにして投げつけ、いやがらせをしようとした若者を、歌の途中で「無礼者!」とどなりつけたことさえある。

 ▼こうした困った神様が最近増えてきたように思う。特に目立つのが、公共交通機関の職員に対する横暴な振る舞いだ。旅客機の離陸時に携帯電話の使用をやめない客に、客室乗務員が注意したところ胸ぐらをつかまれた。切符を持たずに改札を通り過ぎた客に駅員が事情を聴いていると、いきなりつばを吐きかけられた。こんな話をよく耳にする。

 ▼たまりにたまった不満やイライラが、何かのきっかけで立場の弱い人に向けられるのか。それとも権利の主張ばかりを教えられてきた戦後教育の結果か。いずれにしても、マナー以前の社会の病理というほかない。

 ▼航空会社や鉄道会社では、暴力行為に対しては警察に通報するなど毅然(きぜん)とした態度を取るようになっている。ただ、暴言などに対しては、泣き寝入りするケースが多かったのではないか。言葉の暴力の方がかえって、人間の尊厳を踏みにじり、心により大きな傷跡を残すことがあるというのに。

 ▼その意味で、きのう在日韓国人の男性が、大阪地裁に起こした訴えに注目したい。仕事中に差別発言を行った顧客に対して、慰謝料などを求めたもので、「社会的責任の観点から支援していく」という勤務先の積水ハウスのコメントにも、大いに共感を覚えた。


…このマスコミの、見事なまでの「差別ありき」の報道姿勢はどうなのよ?

とりあえず、今の自分に何が出来るわけではないけれど、記憶には留めておこう。
posted by ビーてん at 16:50| Comment(0) | TrackBack(1) | いわゆる人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国SEX教団教祖、レイプやり放題

ほんとに、朝鮮系の宗教ってレイプと金のための手段って感じだよね。だいたい教祖が「自分が神だ」って言うんだから、ある意味分かり易いと思うんだが、なぜか騙される日本人が後を絶たないなあ。

http://www.zakzak.co.jp/top/2006_07/t2006072902.html
韓国SEX教団教祖、中国に潜伏…レイプやり放題
 日本でも密かに勢力を拡大していた韓国のSEX教団「摂理」代表の鄭明析(チョン・ミョンソク)容疑者(61)が、今春まで中国に潜伏、そこでもレイプを繰り返していたことが29日までに分かった。

 鄭容疑者を「キリストの再来」と信じ込ませ、日本でもすでに約2000人の信者がいるとみられる同教団。鄭容疑者は信者をはべらせては性的暴行を行い、被害者は日本人女性だけでも100人にのぼるといわれる。

 鄭容疑者は韓国警察に婦女暴行容疑で指名手配される以前に国外へ逃亡。脱会した信者によると、鄭容疑者は今春まで中国東北部の鞍山(アンシャン)郊外に潜伏していたという。

 鞍山でも連日のように女性信者をレイプ。特に日本人が大好きで、名簿を用意させて特定の女性を呼びつけて乱暴していたという。現在はアジトを引き払っているが、中国に潜伏しているとみられている。

ZAKZAK 2006/07/29


http://www.sankei.co.jp/news/060729/sha084.htm
韓国の新興宗教「摂理」教祖が性的暴行の疑い 被害者が告訴準備

 韓国の新興宗教「摂理」の鄭明析教祖(61)が日本人女性の信者に性的暴行を繰り返していた疑いのあることを、被害者の代理人弁護士が29日、明らかにした。被害者は10人を超すとみられ、脱退後も精神的苦痛を受けている。弁護士は、準強姦罪などで鄭教祖を告訴、入管法違反罪で日本の最高幹部の韓国人女性を告発する準備を進めている。
 代理人の渡辺博弁護士によると、摂理は昭和60年ごろから日本で布教を開始。スポーツや芸能サークルを通じて勧誘する手法で、関東周辺の大学生男女を中心に信者を増やし、関西から全国へと活動を広げた。現在は2000人以上の信者がいるとみられる。

 こうして獲得した信者の中から教団幹部が鄭教祖好みの女性を選び、「女性病を診てもらいなさい」などと言って、国内外で鄭教祖と面会させた。女性はマインドコントロールされた状態のため、言われるがままに性的暴行を受けたという。

 首都圏のマンションで共同生活をしていた30代男性の元信者によると、信者たちは毎朝、教会で鄭教祖の映像を見てから勧誘活動を行い、深夜まで作業するため睡眠時間は4、5時間しかなかった。教団内で男女の交際は禁止されているが、合同結婚式が毎年行われる。

 元信者は「鄭教祖は神と教えられ、脱退すると地獄に落ちると脅された」と証言する。

 社会人信者は収入の1割を寄付する決まりで、中には1000万円を寄付した信者や、店頭公開企業を経営する信者もいた。著名な女性漫画家や元Jリーガーもおり、勧誘に利用されるスポーツ・芸能イベントで"広告塔"の役割を果たしているという。

 渡辺弁護士は、不正に就労ビザを取得した疑いがあるとして、入管法違反罪で日本の最高幹部の韓国人女性を告発する方針。性的暴行については「被害者が精神的に落ち着くのを待って告訴したい」としている。


 ■摂理 キリスト教の聖書を独自に解釈し、鄭明析教祖が昭和55年ごろ韓国で設立。「モーニングスター」(MS)ともいう。韓国の信者数は4万人とされ、台湾、香港、欧米などにも拠点がある。鄭教祖は女性信者への性的暴行が問題化し、平成11年に国外へ逃亡。韓国での強姦容疑などで13年に国際手配された。現在、中国に潜伏中とみられる。

(07/29 21:12)
posted by ビーてん at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。