2005年09月18日

【政治】対外情報機関の新設提言/外務省の有識者懇談会

■外相の下、というのはどうなんだか微妙ですが(外務省の下は論外と思うが)、情報省みたいなのは必要でしょうね。とにかく日本は情報分野が弱い。収集もそうですが、宣伝工作(工作という言い方がアレでしたら「宣伝活動」)が全然。だから特定アジアにでたらめを言われ放題なんですよね。もちろん、情報がダダ洩れになっちゃあ意味ないので、同時にスパイ防止法制定も必須でしょう。公務員がアルバイト感覚で国の情報売ってちゃイカンですよ。

対外情報機関の新設提言/外務省の有識者懇談会

 外務省の情報収集・分析活動強化策を話し合う外部有識者の「対外情報機能強化に関する懇談会」は13日、同省内で最終会合を開き、「特殊な対外情報収集活動を行う固有の機関」の新設などを提言する報告書を町村信孝外相に提出した。
 報告書は、対外情報収集に関する日本の体制は「不十分」と判断。その上で、情報機能強化について「国家的かつ喫緊の重要課題であり、わが国の安全に直結する問題として、本格的な取り組みが必要」と指摘した。
 具体的な強化策として、新たな対外情報機関設置を「政府全体として取り組むべき今後の重要な検討課題」と位置付け、英国を例に「機関は外相の下に置くのが望ましい」と結論付けた。
(秋田魁新報社 2005/09/13 11:56)

※リンク先記事なし(保存PDF−>050918-1.pdf
posted by ビーてん at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中国】死刑囚の皮膚で化粧品製造=中国企業、既に輸出か―英紙

■中国では、人間も素材のひとつに過ぎないってことですね。「胎児が食材」の国ですから、確かにこの程度は彼らの感覚からしたら『驚くべきことではない』のかもしれませんが、使う側はそうは思えないってことです。ま、英国だけとは限らないわけで、原料としてコラーゲンを中国から輸入、という事だってありうるわけですから、気持ちのいい話じゃありませんね。

死刑囚の皮膚で化粧品製造=中国企業、既に輸出か―英紙

【ロンドン13日】英紙ガーディアンは、中国の化粧品会社が処刑された死刑囚の皮膚を利用して化粧品を開発し、欧州に向けて輸出していると報じた。会社名は明らかにされていない。(写真は公開処刑に先立ち、市民が見守る中、トラックに乗せられて街頭を連れ回される中国の死刑囚)
同紙によると、会社の代理店は客を装ったおとりに対し、銃で処刑された死刑囚の皮膚から、唇やしわの治療に用いるコラーゲンを開発していると語った。代理店は、製品の一部は英国に輸出されていることを明らかにするとともに、死刑囚の皮膚は以前から使われており、「決して驚くべきことではない」と強調したという。

コラーゲンは皮膚や軟骨、骨、その他の結合組織を構成する繊維性たんぱく質。倫理上の問題だけでなく、感染の危険も指摘されているが、欧州では今後数年以内にコラーゲンを使った美容が禁止されることはないとみられており、医師や政治家は懸念を強めている。

問題の化粧品が実際に英国市民の手に渡っていたり、ネット販売で入手可能になったりしているのかどうかは不明。また、死刑囚の皮膚から開発したコラーゲンが試験段階なのか、製造段階に入っているのかも明らかではない。

代理店は、堕胎された胎児の組織から賦形剤を製造する研究も進めていることを明らかにし、「死刑囚や胎児の皮膚を使ったさまざまな研究が今も行われている。皮膚は黒竜江省のバイオテクノロジー(生命工学)関係の企業から購入し、中国国内の別の場所で開発を進めている」と述べた。

中国で処刑される死刑囚は、世界の他の国の死刑囚の合計よりも多い。正確な数は明らかになっていないが、世界で昨年執行された5500件近い死刑のうち、少なくとも5000件は中国で行われたとの集計結果もある。〔AFP=時事〕

[時事通信社:2005年09月13日23時08分]

http://www.ocn.ne.jp/news/data/20050913/a050913085955.73icrbc2.html
posted by ビーてん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中国】鳥取県の日本海側海岸に1万個近い医療廃棄物が漂着

■「中国語表記」なので中国のゴミと決まった訳ではありませんが、いずれにせよ「針付き」などたまったものではない。薬品などは魚介類に影響は無いのか?気になるところ。韓国といい、中国といい、なんでこう迷惑な国が隣なのか。それともこれは、一種の廃棄物テロとでも言うべき国家テロなのか?

◆ 2005.9.15 鳥取県の日本海側海岸に1万個近い医療廃棄物が漂着
中国語表記の点滴びんなど約9800点、100本超える針付き注射器も

 今年8月中旬以降、日本海沿岸に大量の医療廃棄物が漂着しているようだ。鳥取県の海岸には、9月初旬までに、針付き注射器など1万点近くが流れ着いた。同県は、県民の生命・健康を脅かしかねないとして、国に対し、9月13日付けで、原因究明を求める要望書を提出した。

 同県循環型社会推進課によると、9月8日現在で日本海側の海岸に漂着している医療廃棄物は、9753個にものぼる。主な内容は、点滴びん、アンプル、注射器、注射針ケース、薬びん、錠剤ケースなど。注射器は3割近くが針付きだった。海上保安庁から同県が提供を受けた情報によると、同様の漂着物は山形県から九州まで広く確認されており、島根県、鳥取県で特に大量に見られているという。

 漁業やレクリエーションの際に感染の危険に曝されかねないことから、事態を重く見た鳥取県では、9月13日付けで、海上保安庁長官、外務大臣、国土交通大臣、環境大臣に宛て、片山善博知事名で、(1)国の責任における原因究明、(2)沿岸諸国に対して、廃棄者に対する厳正な措置と監視体制の要請、(3)国レベルの機関を設置しての対策、を求める要望書を提出した。(中沢真也)
(日経BP 2005.09.15)

http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/tpic/397806


posted by ビーてん at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外】日本の常任理入り支持 米長官、国連総会演説

■アメリカからすれば、むしろ常任理事国から中国・フランス・ロシアあたりを排除したいんじゃないでしょうかね。この辺が、国連を機能不全にしてる感じがするし(私感です)。それらの国に比べれば日本が常任理事国に入るのは遥かに容認できることでしょう。いずれにせよ、あの4カ国+アフリカ2カ国、でしたっけ?あれは無理ですよね。そんなに常任理事国が増えて、しかも拒否権までもった日にゃあ、もっと意見がまとまらず、国連なんて何の意味もなくなりそう。日本は4カ国での提案はやめたほうがいいと思う。今更、裏切れる訳が無いという声も聞きますが、「裏切り」ととられるかどうかはホント外交次第だと思うんですよね。
 そこがヘタだから、今までの日本の(政治の上での)国際的な地位の低さというものがあったわけで。でもまあ、今の外務省に、ウマイ外交を期待する方が無理なのかな。外交の専門家なのに、外交がダメってどうなのよ?って愚痴りたくなりますね、国民としては。

 【ニューヨーク17日共同】国連加盟国の首脳や閣僚らが出席し、国際関係全般や国連の在り方などについて話し合う国連総会一般演説が17日午前(日本時間同日深夜)始まった。ライス米国務長官は安全保障理事会拡大と日本の常任理事国入りへの支持を公式に表明。イランの核問題に「安保理が関与すべきだ」と述べ、安保理付託が必要との考えを強調した。
 アナン国連事務総長も、安保理改革について「特定の集団のためではなく、国連という組織のために解決策を探る努力が必要」と指摘。イランや北朝鮮を念頭に「世界は核の拡散とテロの危険に直面している」と訴えた。
 ライス長官は、国連が創設された60年前と今とでは国際環境が激変したとして、「国連は現在の課題に立ち向かわなければならない」と、国連改革の必要性を繰り返した。
(共同通信社 2005.09.18)

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=YNS&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2005091701006659
posted by ビーてん at 10:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 国際ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。